2012年06月11日

THE FAME STUDIOS STORY 1961-1973 (Disc-3)

THE FAME STUDIOS STORY.jpg


45.gif
THE FAME STUDIOS STORY 1961-1973 Disc3

Disc-3は所蔵のCDとダブりの曲が多いものの、さすがの名曲と再認識するナンバー目白押しです。
A Hey Jude - Wilson Pickett 、G I'm Just A Prisoner (Of Your Good Lovin') - Candi Staton 、K I'd Rather Go Blind - Spencer Wiggins 、L Walk A Mile In My Shoes - Willie Hightower 、M Patches - Clarence Carter 等々。
歌手不詳のB Another Man's Woman, Another Woman's Man はローラ・リーやキャンディ・ステイトンが歌っているダン・ペン作の名サザン・バラードです。ローラやキャンディには劣るものの、バックの演奏とともにやはり名曲、なかなかの味わいです。
I One Bad Apple - The Osmonds はジャクソン・ファイブの白人版をねらって売り出し、見事に1位を獲得した曲。
アップで聞き物はロックンロールの Little Richard が歌うP Greenwood, Mississippi 。さすがのノリです。
変わり種としてはミディアム・アップの(23) Get Involved - George Soule 。白人のライターということだが歌手としてのその歌声は実に黒っぽい。

収録曲など
posted by タント at 09:19| Comment(3) | TrackBack(0) | コレクション・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

THE FAME STUDIOS STORY 1961-1973 (Disc-2)

THE FAME STUDIOS STORY.jpg


50.gif
THE FAME STUDIOS STORY 1961-1973 Disc2

これはもう完全に☆5を突き抜けています!
サザン・ソウル界の大物目白押しの上、すでに所蔵のレコードで聞いた曲が含まれるもののそんなこと関係なしに文句なしの典型的サザン・ソウル・バラードの名曲のオン・パレードで、よだれが垂れっぱなしです。
枚挙にいとまがないところですが枚挙しちゃいます。
まず@You Left The Water Running - Otis Redding のミディアムナンバー からスタートでいきなりオーティス節にのめりこみ。やはりいいですね。FI Never Loved A Man (The Way I Love You) - Aretha Franklin もアレサの代表曲。
あとは名サザン・バラードのオン・パレード。
CWithout A Woman - Kip Anderson HYou Put Something On Me - Don Covay & The Good Timers LDon't Make Me Hate Loving You - Jeanie Greene NI Stayed Away Too Long - The Wallace Brothers PDon't Lose Your Good Thing - The Blues Busters RDo Right Woman, Do Right Man - Otis Clay SOnce In A While (Is Better Than Never At All) - Spencer Wiggins (22)Take Me Just As I Am - Mitty Collier (24)Search Your Heart - George Jackson 等々
アップではもちろんSweet Soul Music - Arthur Conley が光ります。
知らなかったところで特筆したいのはCHLPあたりか。とくにPはオーティスレディングそっくりでびっくりしました。(22)のTake Me Just As I Am はSpencer Wiggins の歌唱で聞き知っていましたがアーサー・コンリーやソロモン・バーク録音が有名らしい。それにしてもこれらの多くの曲はダン・ペンが手掛けているようで、その才能を再認識しました。

収録曲など
posted by タント at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

THE FAME STUDIOS STORY 1961-1973 (Disc-1)

THE FAME STUDIOS STORY.jpg
40.gif
THE FAME STUDIOS STORY 1961-1973 Disc1

初期のR&B色の強い単調な曲が多いので3枚の中ではやや評価が落ちてしまうが、それでもG Hold What You've Got - Joe Tex や E Steal Away - Jimmy Hughes (25) Land Of 1000 Dances - Wilson Pickett といった名曲も含まれています。
それに何と言っても P Let's Do It Over - Joe Simon がバックの演奏も含め素晴らしい典型的サザン・ソウルです。この1曲でこのCD価値ありです!
RFeed The Flame - Billy Young も典型的サザン。
ほかではライターのイメージが強いダン・ペンが意外と渋い歌声をFLet Them Talk で聞かせているのとN Searching For My Love - Bobby Moore & The Rhythm Aces も実に味わい深いミディアムで聞き物です。あと(24)Why Not Tonight - James Gilreath のカントリーバラードもgood!


収録曲など
posted by タント at 10:36| Comment(1) | TrackBack(0) | コレクション・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE FAME STUDIOS STORY 1961-1973 総合

THE FAME STUDIOS STORY.jpg


50.gif
THE FAME STUDIOS STORY 1961-1973 (日本盤CD P-VINE PCD-17503/5 KENT 3CD BOXセット)

サザン・ソウル・ファンにとっては必聴のマッスル・ショールズ・サウンドの象徴、フェイムおよびスタジオの関連アーティストや作品を集めた全75 曲収録の3CD ボックスです!
サザン・ソウル界の大御所がずらり勢揃いです。オーティス・レディング、アリサ・フランクリン、ウィルソン・ピケット、エタ・ジェイムズ、オーティス・クレイ、スペンサー・ウィギンス、ウィリー・ハイタワー、キャンディ・ステイトン、ローラ・リー、クラレンス・カーター、アーマ・トーマス等々・・。アラバマ州マッスル・ショールズに拠を置き、数々のサザン・ソウルの逸品を生んだフェイム。未発表曲も多数収録。中には名前不詳の歌手の「聞き物」が含まれていたりして見逃せ(聞き逃せ)られません!
Disc1が☆4.0 Disc2が特!☆5.0 Disc3が☆4.5 で総合☆5.0 といったところ。





収録曲など
posted by タント at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

LADY SOUL 1965-1991

img151.jpg


50.gif
A WOMAN NEEDS A MAN TO LOVE / Various Artists
(日本盤CD BLUES&SOUL誌104号付録)

番外編CDの紹介。
BLUES&SOUL誌104号の付録CDです。
レディ・ソウルの特集号で、このCDも「おんなのソウルここに集結!」と題した1960~1970年代作品を中心としたスペシャル盤です!
スタートの@BARBARA WEST / Anyone But You でいきなり星5つ確定です。切なさ満点のサザン・バラードです。
可憐な歌声のDYVONNE BAKER / A Woman Needs A Man 、のびやかな歌声で甘く苦いバラードを切々と歌うFMILLIE FOSTER / Sweet Bitter Love 、ミディアム・スローITOMMIE YOUNG / She Don't Have To See You(To See Through You)などが続きます。KJACKIE DAY / Guilty も重々しいバラード。Lはミッティ・コリアが1964年にヒットさせた曲のカヴァーでこちらもしっとりバラードの佳曲。
アップではEMARY LOVE / Lay This Burden Down がノーザン・ソウル・ダンサー曲でかっこいい。

このCD付きで1680円はお買い得でした。



収録曲など
posted by タント at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

Kelley's Soul Heroes

img118.jpg


40.gif
Kelley's Soul Heroes  (輸入盤CD Grapevine GVCD 3035)

ニューヨークやデトロイトで活躍したアレンジャー、アーネスト・ケリーにゆかりの深い甘茶系ソウルのコンピ盤ということですが、ほとんど知らないアーティストばかり。サザン系バラードなどもあり、特に甘茶系という感じもしません。
唯一知っているTHE DYNAMICS の KWE FOUND LOVE と(22)YOU CAN MADE IT IF YOU TRY
の特にKが特筆物の甘茶系でしょうか。FSOLID STATE - RIGHT IN YOUR OWN BACK YARDも甘いバラード。
あとは、スローのBBETTY BIBBS - THE STORY OF MY LIFE R19. CLOE MARTIN - WHAT DO YOU SEE IN HER、 
サザンバラード系のLCLETUS MARLAND - I WISH THAT YOU WERE HERE MWILLIE COLLINS - TWO LIVES、
ミディアムのBILLY HAMBRIC - I GOTTA FIND THAT GIRL
アップのSSAMMY TURNER - I NEED A TRUE LOVE あたりが聞き物です。






収録曲など
posted by タント at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES Vol.3 1967-1970(DISC 2)

img117.jpg


50.gif
THE Complete Goldwax Singles Vol.3 1967-1970(DISC 2) (輸入盤CD ace CDCH2 1248)

シリーズも最後の一枚となりました。
こちらもJAMES CARR 、SPENCER WIGGINS 、THE OVATIONS 、Percy Millem を中心とした構成。
JAMES CARR のIThat's The Way Love Turned Out For Me 、QThese Ain't Raindrops や
SPENCER WIGGINS のBOnce In A While (Is Better Than Never At All) 、OSoul City USA はそれぞれの代表曲のひとつと言える名曲です。
他には同じくJAMES CARRのPTo Love Somebody 、(26)Everybody Needs Somebody 、 サムクック節炸裂のTHE OVATIONS (24)I'm Living Good (With Spoken Intro)、(23)You Had Your Choice 、 Percy Millem の力のこもったミディアム(27) I Slipped A Little あたりが聞き物。
彼らに負けず劣らずのすばらしい泥臭さを聞かせてくれるのがLFrom Warm To Cool To Cold の Willie Walker です。ディープで力のこもったすばらしいスロー・バラードです。
このシリーズはすでになじみの曲が多かったなかで、初めてこのWillie Walkerあたりが聞けたのが大きな収穫でした。


収録曲など
posted by タント at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES Vol.3 1967-1970(DISC 1)

img117.jpg


50.gif
THE Complete Goldwax Singles Vol.3 1967-1970(DISC 1) (輸入盤CD ace CDCH2 1248)

「日本のサザン/ディープ・ソウル・ファンの心の故郷、メンフィスの名門ゴールドワックス・レコード、およびその傍系レーベルに残されたすべてのシングル作品を、2枚組CD 全3集でお届けするシリーズの最終章。(diskunion)」
こちらも文句なしの五つ星です。
PA MAN NEEDS A WOMAN、(28)A MESSAGE TO YOUNG LOVERS のjames Carr、LTHE POWER OF A WOMAN、(21)THAT'S HOW MUCH I LOVE YOU のSPENCER WIGGINS はやはりそれぞれ代表作のひとつといえる名曲。
PERCY MILEM の@I DON'T KNOW WHAT YOU'VE GOT (BUT IT'S GOT ME)は彼の代表作Crying Baby, Baby, Baby に負けず劣らずのすばらしい出来です。ここでの力のこもった歌いっぷりは彼の(実はという)泥臭さをいかんなく発揮しています。
他ではFIT'S MY LIFEのTIMMY THOMAS 。Vol.2でも登場してきましたが、気になりながらも楽曲がイマイチだったのですが、ここでは泥臭さ炸裂です。途中の「somebody!」とシャウトするところがゾクッときます。 
あとはWEE WILLIE WALKER のミディアム・テンポ KTHERE GOES MY USED TO BE と WILLIE WALKER のスロー(25)YOU NAME IT, I'VE HAD IT、ミディアムアップ(26)YOU'RE RUNNING TOO FAST も聞き物です。同一人物でしょうか?わかりませんが声を聞いた限りは同一人物のようです。


収録曲など
posted by タント at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

THE Complete Goldwax Singles Vol.2 1966-1967(DISC 2)

img114.jpg


50.gif
THE Complete Goldwax Singles Vol.2 1966-1967(DISC 2) (日本盤CD P-VINE PCD-17307 ace CDCH2 1236)

こちらも名曲ぞろい。このシリーズは所蔵しているこちらのLPなどともろに重なっているため星ひとつ減じたくなるところですが、そんなこと差し引いてもこれは五つ星付けるかないでしょう。

このなかではまずはPercy Millem のB Crying Baby, Baby, Baby 。GOLDWAX 一連の作品集のなかでも屈指の名曲のひとつとして挙げられます。やや「かわいい」感じの声ながら泥臭いという声質で歌う典型的なサザン・ソウル・バラードです。
James CarrのFDark End of the Street 、GLoveable Girl も彼の作品群のなかでも上位に入る名曲。
Spencer Wiggins のP Uptight Good Woman 、OvationsのSRide My Troubles and Blues Away もそれぞれ代表曲のひとつといえます。特に後者はOvationsのなかでは一番好きな曲です。

これら主要メンバーのほかにも聞き物が目白押しです。
なかでもDEのEddie Jefferson 、IUnloveable の Barbara Perry 、(25)Did She Ask About Me の Carmol Taylor などがすばらしい出来となっています。




収録曲など
posted by タント at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

THE Complete Goldwax Singles Vol.2 1966-1967(DISC 1)

img114.jpg


50.gif
THE Complete Goldwax Singles Vol.2 1966-1967(DISC 1) (日本盤CD P-VINE PCD-17306 ace CDCH2 1236)

GOLDWAXシングル・シリーズの第2弾は、ソウル黄金期の60年代中〜後期へと突入します。

当初のロックやカントリーの録音は減り、大部分がソウルのレーベルとして機能し始めています。
この期間にリリースされた有名曲といえば何といっても66年リリースのシングル@You've Got My Mind Messed Up(R&Bチャート7位)です。翌年リリースされたJAMES CARRの1stアルバムのタイトル曲にして、このアルバムはGOLDWAXレーベル初のアルバムとなります。あのオレンジ色にJAMES CARRのどアップの顔のジャケットです。日本でもVIVIDから出たものを所蔵していましたが焼失。もうやだ〜(悲しい顔)

このDISC 1に収録されている名曲の数々はそのすばらしきこと語るに及ばずといったところ。
自分にとってもジェームス・カーのRLove Attack あたりは好きな曲の1,2位を争う作品です。何百回と聴きました。(23)Pouring Water on a Drowning Man 、(24)Forgetting You もすばらしい。
スペンサー・ウィギンスのPTake Me Just As I Am 、(25)Old Friend (You Ask Me If I Miss Her)も名曲中の名曲サザン・バラードです。
オヴェイションズは何と言ってもサム・クック フォロワー面目躍如のウォーキングテンポJI Believe I'll Go Back Home がいい。
あとの歌手ではウォーキングテンポのMI Can Make You Happy - Ivory Joe Hunter と(28)You Didn't Know It but You Had Me - George & Greer 、女性歌手でノスタルジックな雰囲気のHello Daughter - Leroy Daniel あたりが聞き物です。





収録曲など
posted by タント at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。