2013年03月04日

SAM COOKE

sam cooke-2.jpg


50.gif
One Night Stand: Live at the Harlem Square Club / SAM COOKE (輸入盤CD RCA82876 69552 2)

ジョニー・テイラー、マンハッタンズのジェラルド・アルストン、ボビー・ウーマック、ウィリー・ハイタワー、オヴェイションズのルイス・ウィリアムズ等々の、サム・クック フォロワーとかサム・クック唱法の歌手は数知れず。それほどの神様的・カリスマ的存在のサム・クックですが、これまでこのブログでとり上げたことがありませんでした。というのも、偉大すぎて生半可にとり上げにくいのと、所蔵していた何枚かのアルバムがすべて焼失してしまったのが原因です。
実はサム・クックというと、ソウルにのめり込んだ当初は、フォロワー達はみんな好きだが、サムにはもう一つ「ディープさ」が感じられらないので、フェイバリット・シンガーのBESTには入っていませんでした。それを覆したのがこのアルバムです。これだけはと思い、CDを再購入したのでした。
とにかく、スタジオ録音にはない力強く、ディープな歌声と天才的なノリの良さを堪能できます。ちょっと短くてもの足りないと感じるあっという間の34分!
ちなみにサムの中で私が一番好きな曲は Bring It On Home To Me です。携帯の着メロにしています。るんるん

収録曲は次の通り

1. Soul Twist/Introduction
2. Feel It (Don't Fight It)
3. Chain Gang
4. Cupid
5. Medley: It's All Right/For Sentimental Reasons
6. Twistin' The Night Away
7. Somebody Have Mercy
8. Bring It On Home To Me
9. Nothing Can Change This Love
10. Having A Party



posted by タント at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/341873546

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。