2012年03月04日

PAUL KELLY

paul kelly.jpg


50.gif
HOT RUNNIN' SOUL / PAUL KELLY (輸入盤CD KENT CDKEND 367)

ポール・ケリーは1940年のマイアミ生まれ。1964年ごろから友人のクラレンス・リードの助けでソロレコードを出し始めたようです。その1965年〜1969年にかけての作品は、こちらで紹介したコンピCDにも何曲か収録されていました。

とにかく珠玉のサザン・ソウル集です!
淡々としているようでありながらしっとりと哀愁を帯びつつ歌う実に味わいの深い歌手と言えます。

GNine Out Of Ten Times を筆頭に、ICrying For My Baby 、KIf This Old House Could Talk 、EOnly Your Love あたりのサザン・バラ―ドがとにかくすばらしい。
Gだけでも星5つ!

アップ・テンポでは1970年にヒットしたというPStealing In The Name Of The Lord あたりがとても軽快でノリノリです。



収録曲は次の通り

1. Chills And Fever
2. It's My Baby
3. Since I Found You
4. The Upset
5. Can't Help It
6. Only Your Love
7. I Need Your Love So Bad
8. Nine Out Of Ten Times
9. Sweet Sweet Lovin'
10. Crying For My Baby
11. You Don't Know, You Just Don't Know
12. If This Old House Could Talk
13. Glad To Be Sad
14. My Love Is Growing Stronger
15. We're Gonna Make It (After Awhile)
16. Call Another Doctor On The Case
17. Stealing In The Name Of The Lord
18. The Day After Forever
19. 509
20. Sailing
21. Hot Runnin' Soul
22. Poor But Proud
23. Soul Flow
24. Hangin' On In Here




posted by タント at 12:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 男性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、ジ・アポラスのアルバムと一緒にポール・ケリー”Hot Runnin' Soul”を買い求めました。地味(滋味)ながら、囁きかけるような語り口に深く心癒される思いで聴いています。
しかし、エース/ケント・レーベルは素晴らしい仕事をしてくれます。今後も目を離せませんね。
Posted by deep soul 365 at 2012年03月04日 15:43
ありがとうございます。
KENTのCDを見ると知らない歌手でも買ってみようかと思ってしまいますがお金が続きません・・。
(^_^;)
Posted by タント at 2012年03月05日 20:40
噂の PAUL KELLY そんなに良かったですか。
それとあわせてアポラスの出来も気になる音源ですが、他のBlogを見ていたら結構よさそうですが。どうでしょう。2作とも聴いてみたいです。
Posted by littlemilton1960 at 2012年03月14日 20:15
littlemiltonさん、ありがとうございます。
私もアポラスは気になっていましたが、試聴できるところで聴いた感想は自分の好みではなかったです。コーラスグループのためテンポのいい曲中心で好みのしっとりバラードはほとんどなし。
ですので購入見合わせです。
Posted by タント at 2012年03月17日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/255587351

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。