2010年01月17日

メンフィス・ソウル・レアー・コレクション Vol.4

img_24384_6358412_3.jpg


40.gif
「メンフィス・ソウル・レアー・コレクション Vol.4」(日本盤LP ビクター VIP-4066)

第4集もなかなかの充実の内容となっています。
まずはSIDE-2Cのジョン・ゲイリー・ウィリアムズ/IN LOVE WITH YOU 。元マッド・ラッズのリード・シンガーとのことで、けだるい感じの独特な唄い方をする歌手です。曲もロマンティックなバラードでとてもGOOD!
SIDE-2Aのウィーリー・シングルトン/TWO FOOLS 、SIDE-2Dステファン/WINGS AND WHEELS もいずれもスローバラードでいい出来です。ステファンという歌手は第3集でも出てきましたが、なかなか渋く淡々と唄う味のある歌手で、(名前はあまりソウルフルじゃないけど)とても気に入ってます。
SIDE-2@ソウル・チルドレン/COME BACK KIND OF LOVEはアップテンポの曲で、例によってジョン・コルバートが迫力あるリードをとっていますが、途中、どちらかというと鼻にかかった声でおとなしい印象のあるノーマン・ウェストがイメージとは違う熱い歌声を聞かせてくれます。
SIDE-2Bナイチンゲールズ/YOU'RE MOVIN' MUCH TOO FAST は、スロー・ミディアムの曲で、オーリーが抜けたあとリードをはったトミー・テイトが実にソウルフルに歌っています。

収録曲は次の通り

SIDE-1
1. LOVE'S GONNA TEAR YOUR PLAYHOUSE DOWN PARTU / CHUK BROOKS
2. LET'S MAKE A DEAL / FREDERICK KNIGHT
3. ANYONE CAN / THE LEADERS
4. STOP TEASIN ME / JOHNNIE TAYLOR
5. SINCE I LOST MY BABY'S LOVE / MAJOR LANCE
6. MANNISH BOY / THE NEWCOMERS
7. KEEP ON LOVING ME / STEFAN

SIDE-2
1. COME BACK KIND OF LOVE / THE SOUL CHILDREN
2. TWO FOOLS / WILLIE SINGLETON
3. YOU'RE MOVIN' MUCH TOO FAST / THE NIGHTINGALES
4. IN LOVE WITH YOU / JOHN GARY WILLIAMS
5. WINGS AND WHEELS / STEFAN
6. WHAT I DON'T KNOW WON'T HURT ME / PAUL THOMPSON
7. GIRL, COME ON HOME / MAJOR LANCE

posted by タント at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション・アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139844407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。