2013年04月24日

ARETHA FRANKLIN(6)-4

aretha2-4.jpg


45.gif
live at fillmore west

この5枚入りBOXの最後は、アトランティックでの11枚目にあたるライブ作品です。
圧倒的なアップ@Respectでスタート、サラサラポピュラーの名曲BBridge Over Troubled Water もねっとりとソウルし、CEleanor Rigby などのアップでのゆるぎない歌唱、情感たっぷりのスローミディアムのDMake It With You や、代表曲のE Don't Play That Song と続き、レイ・チャールズとのデュエットのHSpirit In The Dark (Reprise With Ray Charles) 、そして最後はしっとりとバラードIReach Out And Touch (Somebody's Hand)で締めへ。
ライブでも揺るがないというか、ライブでこそその歌手の実力が知れるというもの。ソウル歌手はライブで新たにその魅力を再認識するということが多いですね。もちろんアレサもその一人です。
それにひきかえ日本の歌手というと・・。〇ーミンなんて歌手は・・。おっと失礼。

収録曲など
posted by タント at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

ARETHA FRANKLIN(6)-3

aretha2-3.jpg


45.gif
Spirit in the Dark

アレサフランクリン アトランティックでの9枚目の作品です。
ジャケットが暗くてちょっと損してる?
でもこのアルバム、1作目や3作目までは行かないにしてもなかなかの出来の作品だと思います。
名作@Don't Play That Song をはじめ、ブルージーでジャジーなBBキングのAThe Thrill Is Gone や スローのCYou And Me 、ミディアムスローのIThat's All I Want From You ブルージーなDHonest I Do 、タイトル曲ESpirit In The Dark や同じくアップのKWhy I Sing The Blues でのノリの良いアレサ節などなど。



収録曲など
posted by タント at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

ARETHA FRANKLIN(6)-2

aretha2-2.jpg


40.gif
Aretha Now

アレサフランクリン アトランティックでの4枚目の作品です。
鈴木啓志さんの評価はあまり高くないアルバムですが、いやいやこれもアレサ節炸裂のすばらしい作品です。ミディアムからアップのみの構成で、スローがないため個人的好みで☆マイナス1。そんな私でもアレサのアップでのノリのよさには思わず引き込まれます。言わずと知れた@Think やBSee Saw 等々。
このアルバムでのお気に入りはややブルージーでジャジーな CNight Time Is The Right Time 。バックの演奏も相まってゆったりスィングします。
サムクックの名曲DYou Send Me もアレサ独自のアレンジで歌い上げています。

収録曲など
posted by タント at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。