2012年01月29日

LACEE

lacee.jpg


40.gif
Soulful / Lacee (輸入盤CD Advantage)

ブルース&ソウル誌 2011年度のベストに選ばれていたアルバムです。
詳しい経歴などは不明です。Gladys KnightやAretha Franklinなどに影響を受けたとのこと。
プロデュースはJerry Flood。
歌唱力はのびやかな歌声でなかなかです。作品は特にミディアムテンポの曲に関してはなんとなく
映画「ドリーム ガールズ」での曲々の雰囲気に似ている感じがしました。

聞き物はスローのFFind Somebody 、BCan't Say No 、 軽快なミディアムCQuick Man EGive It to Me 、HMove Something  ミディアム〜ミディアムスローのDDon't You Hate It 、IWe're Like Total Strangers あたり。


収録曲など
posted by タント at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

Betty Wright

betty wright.jpg


40.gif
THE Movie / Betty Wright AND THE ROOTS (輸入盤CD MB B & S-Curve O731519012)

マイアミのレディ・ソウル Betty Wright のレコードは今まで持っていませんでした。
今回もヒップ・ホップとのコラボということで特に関心がなかったのですが、ブルース&ソウル誌で2011年度のベスト盤に選ばれていたので購入。
これがなかなか心地いい、評価に違わない作品で、気に入りました。

Betty Wrightは3歳から歌い始め13歳で少女歌手でデビューというベテラン。

このベテランの衰えぬ歌唱力のBETTY WRIGHTの魅力を、QUESTLOVE率いるROOTSがコラボしたサウンド。伝統とコンテンポラリーが無理なく融合しています。

ヒップ・ホップらしいリズムと融合した心地いいミディアムとしては@Old Songs やAReal Woman featuring Snoop Dogg KYou and Me, Leroy あたりが特にいい感じです。
一番のお気に入りはLenny WilliamsをフィーチャーしたIBaby Come Back featuring Lenny Williams のミディアム・スロー。
あとCSurrender DGrapes on a Vine featuring Lil Wayne LThe One のしっとりしたスローも気に入りました。



収録曲など
posted by タント at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

SOLOMON BURKE(3)

solomon burke.jpg


50.gif
Platinum Collection / SOLOMON BURKE (輸入盤CD RHINO 8122-79995-3)

2010年10月10日に他界したソウル/R&Bの大御所SOLOMON BURKEが1960年代Atlanticに在籍していた時代の曲をまとめたベストアルバムです。

もしオーティス レディングが出現しなかったらが間違いなく彼がアトランティックのTOP看板歌手を張っていただろういわれる実力派歌手です。オ-ティスもかなり彼を意識していたといわれています。その歌唱力は確かにすばらしい!ものすごいシャウトに圧倒されるかと思うと、実にしんみりとハスキーな声で切々と訴えかけるようバラードを歌ったりととても多彩な唱法をみせてくれます。

後半から晩年の彼の歌声はなぜか声質がこもったような感じに変質してしまい、この時代の迫力は聞かれなくなってしまいました。やはりこの時代のソロモンが最高です。

なんといってもオリジナルのウィルソン・ピケットを軽くしのいだBIf You Need Me とNThe Price のサザン・バラード2曲だけでも星5つです。
アップでも代表曲HCry To Me をはじめ、シャウトの迫力といったらありません。
聞き物はほかにも満載。BEST盤としてこれだけ網羅してくれたら申し分ありません。




収録曲など
posted by タント at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

RYAN SHAW(2)

ryan shaw.jpg


45.gif
IT GETS BETTER / RYAN SHAW (輸入盤CD GO! ENTERTAINMENT GO70402)

ソウル界の氷川きよし第2弾!
今回も1960年〜70年代を彷彿させるトラディッショナルでクラシカルなソウル・ミュージックを聞かせてくれます。前作同様カーティス・メイフィールド、エディ・フロイドなどのカヴァーとオリジナルの2本立てとなっています。

スタートのタイトル曲 It Gets Better で おっ今回もいける!と思わせてくれます。
そしてとにかくG What A Woman とBIn Between の典型的サザン・バラードでノックダウンです。若いだけに深さがまだ足りずとも言えますが、この若者からこの「ソウル」が聞かれるだけでも特筆物です。
他にはカーティス・メイフィールドのカバーDPeople Get Ready 、おなじみエディ・フロイドのカバー曲 IKnock On Wood 、アコースティックギターが入ったカントリー調のミディアム・スローAMorning Noon & Night などが聞き物です。

あとは今後オリジナルで如何にこんなクラシカルなサザン・バラードが聞かれるか。曲自体はこの時代商業ベースで無理があるのかもしれませんが、我々は節にそんな曲を聞きたいと願います。







収録曲など
posted by タント at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

JOHNNIE TAYLOR(10)

2010-06-27 003.JPG


40.gif
Wanted one Soul Singer / JOHNNIE TAYLOR (日本盤LP パイオニアP-6170A Atlantic)

ジョニー・テーラーの出世作「Who's Making Love」が出る前の1967年の作品です。
DEEP SOULファンの間ではかなり評価の高いアルバム。とにかくジョニーのディープで泥臭さが如何なく発揮された作品でたしかに彼の中でも屈指の出来といってもいいと思います。
ただ、単に個人的な好みとして特筆できる好みの曲がなかったので☆4つでした。内容の濃さだけでいえば間違いなく☆5つでしょう。
全編ヘビーで泥臭くて重厚なブルージー・ソウルでバックの演奏、ジョニーの歌唱すべて申し分ありません。



収録曲など
posted by タント at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。