2011年11月26日

WILLIAM BELL

img139.jpg


50.gif
The Very Best of / WILLIAM BELL (日本盤CD ユニバーサル UCCO-4043 STAX)

スタックスを代表するシンガー・ソング・ライターで、メンフィス・ソウルの基礎を築いた功労者と言われるWILLIAM BELL。
オーティス・レディングのような強烈な泥臭さと迫力はありませんが、ややトーンが高く哀愁の帯びた歌声はなかなか魅力的です。それに何といっても作る曲がいい!

彼の代表的なアルバムとしては「Soul of a Bell」が挙げられますが、この中からは@ACDEがピックアップされています。それ以外に何曲も聞き物がピックアップされているので五つ星です。

とにかくサザン・バラードがすばらしい!メロディーが美しくうっとりする曲ばかりです。
代表作@You Don't Miss Your Water をはじめD Everybody Loves A Winner が何と言っても一番の聞き物です。BShare What You Got (But Keep What You Need) のちょっとアーサー・コンレイ風の重厚なサザン・バラードも双璧。
他にはやはりスローのFEveryday Will Be Like A Holiday 、GA Tribute To A King 、HEvery Man Oughta Have A Woman 、JI Forgot To Be Your Lover 、QLovin' On Borrowed Time などなど。
アップではCNever Like This Before が迫力があっていい出来です。ミディアムではRI've Got To Go On Without You がウォーキング・テンポのいい感じです。


収録曲など
posted by タント at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

JOHNNY ADAMS(3)

img039.jpg


45.gif
Sings Doc Pomus: The Real Me / JOHNNY ADAMS (輸入盤CD Rounder Rec.CD 2109)

好きな歌手JOHNNY ADAMSの1991年発表の作品です。
ニューオリンズを代表するブルース&ソウルのシンガーとして多くのファンを魅了きた歌手ですが惜しくも1998年に死去しています。
このアルバムではブルースシンガーでライターのDoc Pomusの名曲の数々をJOHNNYがゆったりと歌い上げます。全編ジョニーの朗々たる歌いっぷりに満ちており、うっとりとします。改めてジョニーのうまさを再認識します。さらっと歌っているけどディープ。

聞きものといってもきりがありません。
AStill in Love BThere Is Always One More Time DShe's Everything to Me FBlinded by Love GPrisoner of Life そしてタイトル曲JReal Me などなど。

収録曲など
posted by タント at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

ROSCOE SHELTON

roscoe.jpg


35.gif
Sings / ROSCOE SHELTON (輸入盤CD EXCELLO CD 3007)

ROSCOE SHELTONは1931年 米国テネシー州生まれで2002年にガンで亡くなっています。

1949年に活動を始め、ゴスペルグループのSkylarksでの活動などを経て1961年にExcello Recordsから初アルバムRoscoe Shelton Singsをリリースしてソロデビューを果たします。

ここで紹介のアルバムはそのオリジナルアルバムに倍近い曲数を追加して1995年に発売されたコンピレーション作品です。1958年〜1961年にかけてExcelloに残された音源を収録。

1950年代〜1960年代初頭だけに全編ノスタルジックなR&Bです。1960年代中ば以降のサザン・ソウルのディープな感じはありません。それだけにドゥワップと同じで、どの曲もいいんだけれど通して聞いているとやや飽きてくるって感じです。
ということで聞き物はピックアップしにくいのですが、やはり個人的好みでスローに聞き入ってしまいます。





収録曲など
posted by タント at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

CLAY HAMMOND(2)

img138.jpg


40.gif
Come Into These Arms of Love / CLAY HAMMOND (日本盤CD P-VINE PCD-22347)

この作品はCLAY HAMMONDが1980 年に来日した際に残した置き土産といわれています。録音は1977で1981年にP-VINEがLP化したオリジナルを今回追悼記念としてCD化されたアルバムです。

前記事で紹介したKENT盤に比べるとやはり時代が進んだ新しさがありますが、当時のディスコ全盛期にしっかりと自分のスタイルを守った姿勢がうかがわれます。

とにかく出だしのタイトル曲@COME INTO THESE ARMS OF LOVE がすばらしい! 彼の温かみのある声がしっかり味わえる気持ちのいいミディアムです。
あとは彼を一躍有名にしたBPART TIME LOVE 。ここではスロー・ミディアムのかなり原曲とは違ったアレンジ。
さらにDWOMEN ARE HUMAN のスロー、ミディアムのGLOVE MADE THE WHOLE WORLD MULTIPLY あたりが聞き物です。



収録曲など
posted by タント at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性ボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。